FC2ブログ

★新・これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

7年前に資金1万円から始めて年間1000万円ぐらい稼げるようになった馬券術などをブログで公開しています。モットーは『人の行く裏に道あり花の山』です。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

極鉄板馬券

まず皆様に目指していただきたいのは、

給料に上乗せした競馬の勝ち分が、
月に5万円から10万円くらいです。

昨今では、サラリーマンが給料をあてにするだけでは、
幸せな未来が待っているとは言いがたい世の中になってきました。

「今の給料では、ほしいものも買えない。
なんとかあと少しくらい、収入を増やせないだろうか」

と悩んでいる人にぜひお勧めしたいです。

会社と副業の二足のわらじは、
物理的になかなか難しいことです。

しかし、
土日を使って競馬でお金を増やしていく方法はあります。


このたびわたくしが自信を持って皆様に提供させていただくのは、
複勝確率50%以上の本命◎と、対抗○です。

的中率が高いため、
ストレスなく
馬券を買うことができるかと思います。

的中率(単勝◎)
11月:42.8%(3/7回)
10月:56.5%(13/23回)

的中率(複勝◎)
11月:100%(7/7回)
10月:73.9%(17/23回)

的中率(ワイド◎-○)
11月:71.4%(5/7回)
10月:47.8%(11/23回)

的中率(馬連◎-○)
11月:57.1%(4/7回)
10月:30.4%(7/23回)
----------------
回収率(単勝◎)
11月:110%
10月:200.8%

回収率(複勝◎)
11月:147.1%
10月:108.2%

回収率(ワイド◎-○)
11月:364.2%
10月:94.7%

回収率(馬連◎-○)
11月:605.7%
10月:120%

※回収率=払戻金÷購入金額×100
100円の馬券を購入して2.0倍が的中したときの払戻金は200円

この時の回収率は、
200円(払戻金)÷100円(購入金額)×100で、
200%となります。(+100円)


■対象
JRA全レース

■内容
複勝確率50%以上の本命◎-対抗○

※1日平均1~2レースの投資ですが、
条件によって見送ることもあります。

無理して儲からない馬券を買うよりも、
的確な的中馬券を皆様が望んでいます。


■配信方法
メール配信(PCか携帯のいずれか1つ)

■配信時間
①複勝確率50%以上の本命◎厳選軸馬を、レース当日AM9時までに配信
②上記①のうち、自信度Sの本命◎と対抗○を、発走8分前までに配信


■配信期間
1ヵ月

■情報料
5,000円/1ヵ月







■決済方法
クレジット・デビットカード決済
※Vプリカ・バニラVISAカード等のプリペイドカードは、
コンビニの(ギフトカードコーナー、発券機)で購入できます。

※ご決済後、「決済完了」の件名で、

ペイパルにご登録の
①「お名前」
②「メールアドレス」

配信先
③「メールアドレス」

以上3点をご記入の上、
jyusyo☆roads365.netまでご連絡下さい。
※お手数ですが☆を@に変えて下さい。

折り返し、ご連絡を差し上げます。

※ペイパルにご登録した際の、

「クレジットカード番号」
「ご住所」
「電話番号」

等の個人情報は、
当方には通知されませんのでご安心ください。

「お名前」と「メールアドレス」は通知されます。
但し、メールアドレスは、
ペイパルご登録後にいつでも変更できます。

※ご決済日を起点として1ヵ月毎の課金となります。
キャンセルはいつでも可能です。

※定員となり次第、
新規会員様の受付けを終了とさせていただきますので、
予めご了承ください。


ちなみに、
競馬脱税裁判で有名になった5年間で1億5500万円を稼いだ
大阪の会社員A氏の平均回収率は「104%」でした。

この回収率を見て、あなたはどう感じるでしょうか?

意外に低いと思われたのではないでしょうか。

それでも2004年に軍資金100万円からスタートして、
追加資金なしで5年間お金を回しています。

2005年を例にとると、
払戻金を含む年間約1億円分の馬券を購入して、
回収率110%、利益900万円です。

年間約3000レースを購入していたということから、
均等買いと仮定した場合、

1レース当たりの馬券購入金額は、
1億÷3000R=約3万円
となります。

ここから言えることは、
回収率が低くても、購入回数が多い、または購入金額が多ければ、
競馬で大きく稼ぐことは十分可能だということです。

| 極鉄板馬券 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |