FC2ブログ

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

7年前に資金1万円から始めて年間1000万円ぐらい稼げるようになった馬券術などをブログで公開しています。モットーは『人の行く裏に道あり花の山』です。

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

≫ EDIT

資金を倍にする方法

資金マネジメントを行うことでお金がどのように増えていくかを、
資金10万円を例に「ビジョン」を示したいと思います。

資金10万円からスタートして、毎月5千円の資金を追加していきます。
月の利益目標は105%に設定します。

資金を倍にする方法 

12ヶ月で資金がほぼ倍になっています。

実際には、

12ヶ月後の総資金-10万円-毎月の加算金の合計=利益 となり
259,500-100,000-(5,000×12)=99,500円

これが純利益となります。

では最初の月の1ヶ月、「利益5%=5,000円」を作る為に、
1日あたりどのくらい稼げばよいでしょうか?

答えは、

5000円÷8日間=625円です。

1日あたり625円の利益を出せばいいわけです。

最終月の利益「利益5%=12,100円」でも、
1日あたり1,513円(12,100÷8日間)以上の利益を出せばクリアできます。

最終月の所持金約24万円を運用して、
1日1,500円ぐらいの利益なら簡単にクリアすることが出来そうです。

このように資金マネジメントを行うことによって、
始めは少ない利益でも、継続して投資を行うことで、
低リスクで資金を殖やしていくことが可能なのです。



| 資金を倍にする方法 | 15:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロフィール

昔は気が向いた時にGⅠレースの馬券を遊びで買う程度でしたが、競馬だけで毎年年収以上を稼ぐ会社の同僚に触発されたのがきっかけで本格的に競馬研究をスタート。2006年ぐらいから複数の競馬ソフトと資金マネジメントを使ったオリジナルの馬券術で年間利回り100%以上を維持しています。

過去最高払戻額は、07年5月6日NHKマイルカップの2921万9610円(97398.7×300円) 3連単軸2頭総流し(◎→○→総) 購入金額5,800円(16通り×300円)

1000万円はおふくろに、600万円は別れたかみさんの借金返済に、もう1000万円はみずほ銀行で金塊にして、翌週残った320万円を元手に馬券を購入して520万円にしました。

お問い合わせ
オン・ザ・ロード
jyusyo☆roads365.net
※お手数ですが☆を@に変えて下さい。

「人の行く裏に道あり花の山」

| プロフィール | 21:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

競馬は儲かるのか?

現在競馬は一般的にギャンブル、レジャー、ブラッドスポーツと認識されています。
この競馬を「投資種目の一つとして考えられないだろうか?」というのを出発点に、

馬の持ちタイムや重量・連対率などできるだけ多くの同じ方法で取った過去の統計・データをもとに買い目を決定し、資金マネジメント(資金の配分と運用)を行うことによって確実に利益を積み上げていこうというのが「投資競馬」です。


■なぜ投資競馬なのか?

現在銀行に預金しますと、普通預金金利で平均約0.02%、条件のよい銀行の定期(1年)でも0.25%です。100万円を預けても、1年後の受取利息は160円(税引後)、条件のいい金利0.25%の定期(1年)でもたったの2,000円にしかなりません。

一方、競馬の場合、リスクや投資スタンスは当然異なりますが、利益の出る最低オッズ1.1倍の馬券の的中でも利回りは10%になります。

単純に100万円投資した場合、利益は10万円です。さらにある一定レベル以上の的中率に基づいて投資を行えば、利回りが100%、200%を超えるのは簡単な世界です。

この高利回りを利用して利殖する価値は十分ありそうだというのが投資競馬の基本的な考え方です。


■各投資(投機)種目の性格について

ロト、トト、宝くじは運によるところが大きく的中するまでのスパンが長いです。
(当たることを前提にしていますが、一生当たらないかもしれないし投資しただけ戻らないかもしれません)一攫千金を狙うなら良いかもしれません。

株やFX、不動産は初期投資費用がかかりすぎたり、覚えなければならない知識もたくさんあります。しかしある程度の資金を運用できれば、魅力的な投資先の一つです。

パチンコ、スロットは店を選んで台を選んでデータをよく分析して、いざ出陣してもやはり良い台は他の人も狙っている可能性が高く、必ず希望する台で勝負できるとはかぎらないのが難点です。そもそも設定の良し悪しに頼らざるを得ない時点でかなりのギャンブルです。

その点、競馬はパソコンやスマートフォンを使って100円単位で馬券を買うことができます。投資競馬に限っていうならば、馬券の買い方とちょっとした計算ができれば、他に何も知らなくても大丈夫です。競馬新聞の読み方さえ知らなくてもまったく平気です。



<投資競馬に関する報道記事>

認められた「馬券のプロ」 競馬払戻金課税で判決

北海道の天才公務員が“78億円”の払い戻しを受けた馬券購入法

まさか東京でマネーロンダリングが行われていた?

「3年間で利益160億円」UPROはなぜ勝てたのか

| 競馬は儲かるのか? | 20:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一般的な投資法とは?

投資競馬でよく使われる一般的な投資法の中から、代表的な「3つの投資法」を紹介します。どれも1度的中すれば、累積損失金を回収して利益を出すことができる方法ですが不的中が続くと資金がなくなるリスクがあります。

1.1点買い方式

最も効率良く利益を出せる投資法です。
状況に合わせたカスタマイズが可能です。

【基本】
投資金=(目標利益+累積損失金)×(1.0~1.6)÷(オッズ-1)

~状況にあわせた式のカスタマイズ~
①リスク回避型
損失金の増加を緩めるための式です。
発売締め切り時間ギリギリに購入するようにします。

投資金=(目標利益+累積損失金×1.1)÷(オッズ-1)

②利益重視型
投資金=(目標利益+累積損失金)×1.6÷(オッズ-1)

式で使われている1.1~1.6という変数は、オッズが投票締め切り時間が近づくにつれて変動し、せっかく的中させても払い戻し金が投資金を下回ることがないようにと考えだされたものです。変数の数値を上げれば、的中時の払戻金を増やすことが出来ます。その反面、投資金も増えるため、不的中時のパンクリスクは高まります。
※パンク-資金がなくなること。

③実践向きのバランス型
投資金=(目標利益+累積損失金×1.3)÷(オッズ-1)

~使用上の注意~
式の(オッズ-1)ですが、オッズが2.0倍以下になると投資金がいっきに膨らみますので、馬券購入時には、必ずシミュレーションを行って下さい。


2.多点買い方式

2点以上買うときに使用し、どの馬券が当たっても同じ利益が出るように設計されています。

【基本】
投資金=(目標利益+累積損失金)×(1.0~1.6)÷(合成オッズ-1)
※カスタマイズは「1点買い方式」と同じ。

合成オッズの計算(←リンク)

「合成オッズ」とは?
複数の買い目があって、それら複数の買い目のオッズをひとつにまとめた全体のオッズのことを「合成オッズ」といいます。実際には、ソフトを使って合成オッズを出しますので、手計算することはありません。以下は、考え方です。

計算式は次の通りです。

1÷{(1÷x)+(1÷y)} 
x、y=オッズ

買い目の数が増えても、(1÷オッズ)を追加すれば、何点でもOKです。
1÷{(1÷x)+(1÷y)+(1÷z)+・・・・・・}

<例1>
買い目の各オッズ:6.2倍、9.7倍
1÷{(1÷6.2)+(1÷9.7)}
=1÷(0.16129+0.10309)
=1÷0.26438
=3.78

購入する買い目は、「6.2倍、9.7倍」の2点で、合成オッズは3.78倍ということなります。


<例2>
買い目の各オッズ:12.6倍、25.2倍、65.5倍

1÷{(1÷12.6)+(1÷25.2)+(1÷65.5))}
=1÷(0.07936+0.03968+0.01526)
=1÷0.1316
=7.59

購入する買い目は、「12.6倍、25.2倍、65.5倍」の3点で、合成オッズは7.44倍ということになります。

このように、複数の買い目があっても、合成オッズを使えば1点買いするのと同じことになります。



3.回収率方式

金額ではなく回収率を設定する方法です。

回収率=払い戻し金÷投資金×100

ある程度経験を積んで継続して利益が出せるようになると、投資金額がだんだんと大きくなっていきます。金額が大きくなってくると、実際の利益の金額を出すことも重要なのですが、それ以上に「いくらの投資に対して何%パーセントのリターンがあったのか」ということの方がより重要になってきます。投資金に対して「どれくらいの利益を出すことが可能なのか」を検討する際にも役立ちます。


投資金=(損失金×目標回収率)÷(オッズー目標回収率)
                             (100円未満切り上げ)


 損失金10000円 目標回収率 120% オッズ5.0倍の時

 投資金=10000×1.2÷(5.0-1.2)
     =3157.89

 端数を切り上げて投資金=3200円となります。

 的中した場合、

 払戻金=3200×5.0
     =16000

 回収率=16000÷13200×100
      =121.21
 
投資金合計13200円、払戻金16000円、回収率121%となり目標回収率である120%をクリアしています。


| 一般的な投資法とは? | 20:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月