★人は競馬だけで生きることができるか?★

7年前に資金1万円から始めて年間1000万円ぐらい稼げるようになった馬券術などをブログで公開しています。モットーは『人の行く裏に道あり花の山』です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7.14勝1敗でも損をする

一般的にスポーツや将棋などのゲームでは、
勝率の高い人の成績が良く、勝率の低い人の成績は悪いです。

高校野球の甲子園大会のようにトーナメント方式の場合は、
1回でも負けたら即失格なので、
必ず「優勝校=大会期間中の勝率が100%だった高校」となります。

したがって、勝率をアップさせるための練習を積み、
実践においても勝率が高いと思われる作戦を行うのが、
高校野球に限らず、ゲームに勝つための一般的な傾向と言えます。

本ブログにおいても、
「少しでも負けを減らして、勝率アップする」ことを標榜しています。

確かに馬券投資でも勝率が高ければトータルで儲かる可能性は高いです。
平均的にみれば、「勝率が低い人」よりは「勝率が高い人」のほうが儲けも多いでしょう。

しかし勝率が100%でない限りは、
たとえ他人に比べて高い勝率を維持できたとしても、
トータルで儲からないということがあります。

たとえば、15日制の大相撲で14勝1敗という成績であれば、
「優勝」か、悪くとも「優勝争い」の好成績です。

しかし馬券投資においては、
1回の敗戦による損失額が、それまで積み重ねてきた利益額を上回ることが起こります。

もちろん、勝率が100%であれば損はしないのですが、
勝率100%の人などまずいません。

「1回しか競馬をしたことがない」とか、
「競馬をまだ2、3回しかしていない」のであれば、
損をした経験のない人もいるかも知れませんが、
何十回、何百回と投資をしていれば、失敗がないことは考えられません。

もし皆さんの中に、「私は競馬で一度も損をしたことがない」という人がいれば、

①まだ馬券投資をしたことがない人
②馬券投資の回数が少ない人
③うそをついている人

のいずれかでしょう。

馬券投資を長期にわたって経験すれば、
「勝率100%を維持することは不可能」だということが、
何度も馬券投資をしていればわかってくるはずですから。

| 競馬で負けない方法とは? | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keiba24.jp/tb.php/293-c483085a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT