FC2ブログ

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す★

7年前に資金1万円から始めて年間1000万円ぐらい稼げるようになった馬券術などをブログで公開しています。モットーは『人の行く裏に道あり花の山』です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

14.一番危ない変更とは

投資手法の変更の中で特に危ないのは「妥協をする」ことです。

たとえば、「オッズが2倍以上になったら買う」と最初に投資ルールを決めていたのに、
オッズが1.9倍になった時点で「たぶん大丈夫だろう」と投資した場合は、
あまりうまくいかないことが多いです。

「妥協をする」場合は、その時点でうまくいっている場合が多いので、
心にスキができやすく、思わぬ落とし穴にはまる可能性があります。

最初に方針を決めたときのことを振り返れば、
馬券投資が予想外に順調にいっていたとしても、急な方針変更はできないはずです。

基本的に、「少々違っていても・・・」ということは大変危険なことです。
「妥協をする=危険度が高まる」ということを肝に銘じておくべきです。

急な思いつきで「投資手法の変更をする」ことは「敗北への近道」になりがちだからです。


そもそも最初に投資手法を決める時に「ルール」をきちんと決めなければいけません。
そのルールを決める際には、当然ながら慎重に決めているはずです。

したがってその決めたルールを守りさえすれば、よほど見当違いのことをしない限り、
致命的な大負けなどはしないはずなのです。

しかし人間は迷ったり、悩んだりする動物なので、うまくいかない時はもちろんのこと、
うまくいっている時でさえ、あれこれ余計なことを考えてしまいます。
そして慎重に決めたはずのルールをいとも簡単に破ってしまうのです。

その結果、スタート時点のルールさえ守っていればありえない損失をすることが多いのです。

極論してしまえば、馬券投資で勝つためのルールを作ることはそれほど難しくはありません。しかしルールを守ることが意外に難しいのです。その難しいことを実行するのが大切なんです。

良い例えかどうかわかりませんが、「夏休みの宿題を片付ける計画自体は完璧。しかし計画通りに消化しないので夏休みの最後に慌てる・・・」というパターンの小中学生が多いと思います。

私自身がそうだったので、偉そうなことはまったく言えませんが、
計画通りに実行していれば最後に慌てないで済むわけです。

馬券投資でも、「一度決めた方針を安易に変更したり、ルールを破ることは負けへの近道」となるのです。

| 競馬で負けない方法とは? | 08:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://keiba24.jp/tb.php/299-d0b8bb6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT